FC2ブログ
ほんのり秋が来てます2
2013年09月10日 (火) | 編集 |
続きです。

一緒にご飯を食べた方は『レビー小体型認知症』(Wikipedia レビー小体型認知症)で、そのお嫁さんとご一緒に。
前から母と仲良くしてくれていたのですが、かみ合わないようで最終的にかみ合っている会話が絶妙でした。
ちょっと笑っちゃったもの、微笑ましくて。

以下介護もどき日記になりましたので、追記で。
(久しぶりに長いです)


帰りがけ、施設の玄関でお嫁さんと一緒になったので、立ち話を。
ちょっとのつもりが1時間w
周りの方への対応とか、自分の気持ちの持ち方とか。
気分の紛らわせ方とか…
話し出したら止まらない。

何故か?
まだまだ周りの方の理解が無いんですよ。
未だに認知症=徘徊、だったりするし(実際取引先の方に言われましたよ)。
暴れたり、暴言はいたり…なんてこともうちは無かったし。
症状も人それぞれなんですが、そこを一絡げにされてる気がします。

その方も、色々悩んでらっしゃって、でも実際の事を判ってくれる人がいない(私もですが)。
話しても理解してもらえないのは辛いですもの。

もうすぐ、退所しておうちで見られるそうです。
それにも様々な理由があるのですけど、無理をなさらないように、と言い、お別れしました。

母と違うとこ、それは妄想が激しいこと。
見た目は判りづらいので、知らない方はそれを信じてしまうことも。
私も母の事が無ければ、知らなかったであろう、病気です。
きちんと診断してもらうことが大事だなと思います。
この方も最初は『老人性のうつ』の診断だったそうです。

逆に友達のとこは『アルツハイマー』と言われて、結局『老人性のうつ』だったとか。

治療が違うので、信頼できる病院を探すのが一番ですが。
最初は慌ててしまいがち…です。
専門のクリニックや病院もありますので。

長々と書いちゃいましたね。

話を戻して、母のとこから実家へ戻り、洗濯。
ただ、昨日からの凹みは実は持続中で昨晩は眠れてなかったので、ちょっと横になるはずが…
1時間たってました
バタバタと洗濯を終え、母の所へもう一度行き、着替えを入れ替え、お菓子を食べて、ハグして帰ってきました。
帰りがけにスーパーで大好きな『極早生ミカン』をゲット。
酸っぱいだろうなーと思うだけで、口の中が酸っぱくなりますwww

歩きながら、『頑張れ、私。頑張れ、息子。』と言いながら帰ってきました←かなり怪しい!
やっぱりまだまだ、凹みも持続中のようです。
半分以上、諦めもついてきたのですけどね。

明日も忙しい予定なので、ただただ、黙々と仕事してきます。

でも、同じような境遇の人とゆっくり話せただけでも、少し心が晴れました。

帰りがけの少し涼しい風と、一輪だけ咲いていた曼珠沙華にも、癒されました。
(1つ前の写メです)

頑張れ頑張れとつぶやいて、明日もボチボチ頑張ります。

では
テーマ:ひとりごとのようなもの
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック